【Q】ホームページをCMSにするとSEO対策に不利と聞きましたが・・・・。普通のHTMLで作って置いた方がいいんでしょうか?

   SEO対策入門, web入門| 

「アドレスがhtmlじゃなくなると検索に不利なのでは・・?」「CMSで作った動的ページはSEOで不利なのか?」たまーにそんな質問をたまにされるので、これは、CMSというか、ブログツールというか、そういうしくみを上手に使えない人が失敗した経験が間違って、言葉が一人歩きしているんじゃないかなと思うんですが・・・。

《2016年2月補足》サイトリニューアルにあたり、旧記事を整理していますが、アクセスの多い記事は残していこうと思います。古い情報が入っていますのでご注意ください。

ブログツールをつかったアクセスアップ法

ブログの利点っていろいろありますが、「簡単に記事が書ける」ということがあります。
パソコン上で、HTMLファイルを作ってそこに記事を書いて、FTPにてアップロードしてもいいですが、それはHTMLを知ってる人や、Dreamweaverなどのソフトを持っている人など、一部の人しかできないことです。
でも、ブログだったら、ちょっとパソコンに慣れた人なら誰でも記事が書けます。
インターネットにつながる場所ならどこでも更新できます。
記事を書いて、「公開」というボタンを押すだけでページが増やせるので、こんな便利な機能をSEO対策に生かさないのは勿体ないです。

CMSで作ったサイトは検索に不利か?

一時期ブログを使ったSEO対策が流行った時期があって、とにかくなんでもかんでも、キーワードを埋め込んだ記事を書いて、アクセスアップさせたいサイトへのリンクをはる・・・。そしたら、無料ブログツールを使った、中身のないようなサイトが山ほどできてしまったので、検索エンジンが対策をとるようになったんですね。
「これは中身のないブログだな」と判断されると、とても1ページ以内に載ってくるのは難しくなりました。それで「ブログは検索に不利」という言葉が出てきたと思いますが・・・・。

ではどうすればいいかというと、ただひとつ。「読む人の役に立つ記事を書く」
これを心がけていれば、あなたの努力は無駄にはならないです。安心してください。
いくら世の中に山ほどブログが出ているとはいえ、やはり人の役に立つ記事はちゃんと順位も上位に来るし、アクセスも安定してます。
ついでに、ブログの記事を書くときのこつとしては

  1. タイトルになるべく、具体的な言葉を入れる。地名とか品名とか人名とか、○○の方法とか、◎◎とは・・など。
  2. ひとつのテーマにそって、いろんな話題を網羅するかんじで。
  3. カテゴリも重要です。親カテゴリ子カテゴリを良いキーワードに、しかもわかりやすく整理して。ブログはタグもつけられますから、キーワードが増やせて便利ですね。

CMSってそもそも何かわからないんですが・・・。

CMSというのは、システムを使って作るホームページで、たいていはデータベースとサーバーに置くプログラムで動いています。
静的サイトの場合は、サーバーの上には、あなたが作ってアップロードしたHTMLファイルがありますね。
データベースを使って作るサイトは、サーバー上には、HTMLはありません。
サーバーにおいてあるプログラムを呼び出すと、そのプログラムが動いて、データベースの中から必要な情報をとりだして、テンプレート(決められたデザインの枠の中)に流し込んで、ブラウザに表示させます。
なので、CMSで作ったサイトを動的サイトなどと呼びます。(これにブログも含まれます)

portal01

動的サイトは検索に弱い?

今は動的サイトでもちゃんと検索エンジンはインデックスしてくれて、静的サイトと同等に扱ってくれますので、中身が良ければ大丈夫。
youtube(ユーチューブ)とかAmazonとか、ウィキペディアとか、教えてgooとか、Yahoo!知恵袋とか価格コムとか(以下略・・・・たくさんありすぎですね)なんでこんなに検索に強いと思いますか?
動的サイトがSEOに不利ならこれらがみんな不利になってしまうはず。
上記のサイトは、中身がユーザーの役に立つ情報が入ってるから、検索で常に上位に表示されるんです。

CMSってこんなに便利

  1. ページを増やすと自動的にナビゲーションに追加され、リンク切れなどのミスが防げる。
  2. たとえば関連する既存のページからリンクをはるとか、サイトマップを自動生成するとか、TOPページに新着情報を自動で載せることができるとか、便利なことを自動でやってくれるので、そのぶん手間をかけないでSEO対策ができる
  3. RSSを発行することができるシステムが多いので、これも有利。RSSっていうのは、ネット上に流れるある共通の法則でつくられたソースのようなもので、このRSSを取得するプログラムとかツールとかがいろいろ出回っていまして、、、要はほかのサイトと簡単に連携できるわけです。
  4. ページ数の多いサイトほど、SEO対策には有利なので、簡単にページが増やせるということは、それだけSEO対策が(静的サイトで同じことをやるよりは)簡単ということになります。

動的URLを静的にする方法

動的アドレスっていうのはこんな感じで
/modules/rakugaki/index.php?lid=134
index.phpのあとに記事番号いくつを表示しなさい・・みたいなパラメータがぶら下がっているアドレスです。
静的アドレスっていうのは howto.html みたいにユーザーに直感的にわかりやすいアドレスですね。

ちょっと昔は、動的アドレスは不利なので、プログラムなどを使って、無理矢理静的URLに変換しましょうという動きがあったんですが、Googleから、「動的URLもGoogleは平等に扱います」という表明(?)が出てから、そうでもなくなりました。

 

 

   SEO対策入門, web入門| 

  関連記事

【ホームページの作り方】観光農園・直販通販サイトの制作

農業とインターネット。一見、あまり関係ないと思われがちですが、田舎で営業する農家さんにとって、インタ ≫続きを読む

【Q】わたしのネットショップ、写真が良くないと言われたのですが・・・。

よく言われることですが、「ネットショップは写真が命」 買う人は手にとって見ることができない、匂いを嗅 ≫続きを読む

覚えてもらえるお店になること・・・

webの森は信州EC実践会という、ウェブマーケティングの勉強会を主催していまして、たくさんのネット店 ≫続きを読む

【ホームページの作り方】ネットショップの作成

ネットショップには、ショッピングカート、商品管理、会員機能、決済処理など、いくつかの必要な機能があり ≫続きを読む

最近ネットが遅くて、つながったり繋がらなかったり不安定

最近ネットが遅くて、つながったり繋がらなかったり不安定・・・・ 数週間前、突然、ネットが遅くなったり ≫続きを読む

【ホームページの作り方】病院・歯科医院のホームページ作成

歯科医院のホームページは、院長・スタッフ紹介、治療内容、医院の紹介と受付時間・交通アクセスなど、だい ≫続きを読む

【Q】ネットショップには「ランディングページが大事」と聞きました。ランディングページって何ですか?

まずはランディングページ、見てみてください。こんなページのことです。ランディングページのリンク集 テ ≫続きを読む

おめでとうございます! Chrome ユーザー調査 というのが出たら詐欺

GoogleChromeをお使いの方、こんな画面が出たら詐欺なので注意してください。 ─────── ≫続きを読む

【ホームページの作り方】スクールサイト・教室・教育機関のホームページ作成

学校のホームページを作る時、何を目的につくるか、誰が対象か、更新は誰がどんな方法で行うか、この点が大 ≫続きを読む

【Q】お店のfacebookページを作ったのですが、記事を投稿しても、反応があまりないし、誰が見てくれているかわからないんですが・・・?

《2016年2月補足》サイトリニューアルにあたり、旧記事を整理していますが、アクセスの多い記事は残し ≫続きを読む

▲ページ先頭へ