自然大好き、動物大好き、田舎のホームページ屋さんです。ホームページはオーガニック素材にてひとつひとつ手作りしてます。対応地域は、長野県内ですが、中部地方や首都圏なども可能な場合があるのでお気軽にご相談ください。


WordPressでのECサイトの作り方をプロが解説!
作成のコツと成功の秘訣

現在、ECサイトはビジネスにおいて欠かすことのできない存在となり、その作成にWordPressを利用する方は少なくありません。WordPressは自由度が高く、初心者から上級者まで幅広いユーザーに支持されているCMSです。本記事では、WordPressの概要やWordPressを使ったECサイトの作り方について、基本的な手順を解説していきます。

WordPressとは

WordPressは、世界中で広く使われているCMS(コンテンツ管理システム)の一つです。ユーザーフレンドリーな操作性と、多機能性をもつ特徴があります。

WordPressの特徴

WordPressの大きな特徴は、その使いやすさと拡張性です。初心者でも直感的に操作できるシンプルなインターフェースを持ちつつ、豊富なプラグインやテーマにより、一つのシステムで多様なウェブサイトを作ることが可能です。無料で利用できるオープンソースのCMSであり、自由度の高さと多機能性からECサイト制作にWordPressを選ぶ方も少なくありません。

WordPressでは、様々なテーマとプラグインを利用することで、自分だけのオリジナルなサイトを作成することが可能です。また、世界中の開発者が様々なプラグインを開発しているため、ECサイト制作においても商品管理や決済機能など、必要な機能を簡単に追加することができます。

次に多機能性について、ブログ投稿だけでなく、会員制サイトやECサイトなど様々なウェブサイト制作に対応しています。これらの特徴により、WordPressは初心者から上級者まで幅広く利用されています。

なぜWordPressがECサイトに適しているか

WordPressは、ECサイト構築に必要な機能を搭載したプラグインが豊富で、利用者のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。また、豊富なプラグインが提供されており、それらを利用することで独自のECサイトを効率的に構築することが可能です。

さらに、SEO対策が施された構造や、定期的な更新が可能なブログ機能など、集客に有効な要素も備えています。検索エンジンからの評価が高く、自然な検索結果の上位表示が期待できるという点で、ECサイトの集客に非常に有効です。

WordPressを使ったECサイトの作り方!基本手順を解説

WordPressを使ったECサイトの作り方としては、以下の基本的な手順に従います。

ドメインとホスティングを決定する

WordPressを使ってECサイトを作る際の最初のステップは、ドメインとホスティングサービス(レンタルサーバー)を決定することです。ドメインとは、ウェブサイトのアドレス(URL)のことを指します。これは、訪問者がサイトを見つけやすくするためのもので、ビジネス名やブランド名を反映したものが良いでしょう。

ホスティングサービスとは、ウェブサイトがインターネット上で実際に存在する場所を提供するサービスです。これは、サイトの速度やセキュリティ、データ管理などに直結しますので、信頼性がありニーズを満たすものを選ぶことが重要です。

【ドメインとホスティングの決定フロー】

  1. ビジネスやブランドに関連するドメイン名を考える
  2. ドメイン名の利用可能性を確認する
  3. ドメイン名を登録する
  4. ニーズに合ったホスティングサービスを選ぶ
  5. ホスティングサービスを契約する

WordPressをインストールする

次に、選択したホスティングサービス上にWordPressをインストールします。多くのホスティングサービスでは、簡単な操作でWordPressを設定できます。WordPressのインストールは、ECサイト作成の基本的なステップです。まず、ホスティングサービスのダッシュボードからWordPressをインストールするオプションを選択します。

次に、サイトの基本情報(サイトのタイトル、管理者のユーザー名とパスワードなど)を入力します。インストールが完了したら、WordPressのダッシュボードにアクセスしてみましょう。ここで、様々な設定やコンテンツの管理を行います。一見すると多くのオプションがありますが、基本的な操作を覚えるとすぐに使いこなせるようになります。このステップが終われば、WordPressを使ったECサイトの作成が始まります。

適切なテーマを選ぶ

ECサイトのデザインは、ユーザー体験に大きく寄与します。WordPressでは多数のテーマから選択できますので、商品カテゴリーやターゲットユーザーに合ったテーマを選びましょう。テーマとは、サイトのデザインやレイアウトを決定するもので、ビジュアルやユーザビリティに大きな影響を与えます。

また、ECサイトとしての機能性も求められます。まずは、一般的なWebサイトと同様に、見た目や操作性に優れたテーマを選びます。次に、商品の掲載やカート機能、決済システムなど、ECサイトに必要な機能を持つテーマかどうかを確認します。

また、テーマ選びでは将来的な拡張性も考慮に入れることが重要です。適切なプラグインが組み込めるかどうか、SEO対策が可能かどうかなど、将来の成長を見据えて選択しましょう。以上のような視点から、自社のECサイトに最適なテーマを見つけ出すことが大切です。

プラグインを設定する

WordPressでECサイトを作成する際に欠かせないのが、プラグインの利用です。商品管理や決済方法などの機能は、プラグインを利用して簡単に追加できます。特にECサイト構築におすすめのプラグインとして「WooCommerce(ウーコマース)」や「Welcart e-Commerce(ウェルカート イーコマース)」があります。

WooCommerceは、無料で使える大規模ECサイト向けのプラグインで、商品管理や販売、配送オプションなどの機能が充実しています。Welcart e-Commerceも無料のECサイト向けプラグインで、こちらは中小規模のECサイトに特化しています。

どちらのプラグインも独自のテーマを持つため、自社のブランドイメージに合わせたデザインが可能です。それぞれの特性を理解し、自社のビジネスモデルや規模に合った選択をすることが重要です。

以上がWordPressを使ったECサイトの作り方の基本的な手順です。

まとめ

ビジネスにおける重要なツールであるECサイトについて、初心者から上級者までおすすめのWordPressを使った作り方を解説しました。基本的な手順を理解し、創造力を活かすことで、プロフェッショナルなECサイト作成が可能です。ビジネスが新たなステージへと進む一歩を踏み出しましょう。

WordPressのECサイト構築ならアトリエwebの森

屋号 アトリエwebの森
代表 小久江由香
住所 〒399-3705 長野県上伊那郡飯島町七久保2742−7
URL https://webnomori.net/
業務内容
  • ホームページの企画・デザイン・ディレクション・取材編集
  • JimdoCafe信州 講師
  • 信州EC実践会事務局(web運営、ネットショップ運営のコンサルティング、勉強会主催)
  • ネットショップの立ち上げ、運営のサポート、コンサルティング
  • 個別講習(SNSの使い方、SEO対策、WordPress、HTML+CSS、写真教室、Photoshop、Illustrator(R)Adobe の講習)
▲ページ先頭へ