自然大好き、動物大好き、田舎のホームページ屋さんです。ホームページはオーガニック素材にてひとつひとつ手作りしてます。対応地域は、長野県内ですが、中部地方や首都圏なども可能な場合があるのでお気軽にご相談ください。


WordPressでECサイト構築!
メリット・デメリットを押さえて
運営のコツを知ろう!

WordPressは世界中で人気のあるCMS(コンテンツ管理システム)で、高いカスタマイズ性と豊富なプラグインがその特徴です。WordPressを使用すると、特別なプログラミング知識がなくてもウェブサイトを構築・運営することが可能です。そのため、ECサイトをはじめとする様々なウェブサイトで使用されています。

ここでは、WordPressを使ったECサイトのメリット・デメリットをご紹介します。

WordPressを使ったECサイト構築・運営のメリット

コスト削減

WordPressを利用することで、ECサイト構築にかかるコストを大幅に削減できます。初めてのECサイト構築でも、WordPressは無料で使用でき、豊富なプラグインも無料で提供されているものが少なくありません。有料のテーマやプラグインを使用する場合でも、価格は比較的安価です。

また、WordPressはオープンソースのCMSであるため、自分でカスタマイズして運営することが可能です。一般的なサイト制作会社に依頼する費用の目安を50万~300万ほどと考えると、WordPressの簡単な構築ができれば外注コストを抑えられます。

コンテンツマーケティングによる集客

WordPressは、その豊富なプラグインとカスタマイズ性の高さから、コンテンツマーケティングによる集客が可能です。コンテンツマーケティングとは、有益な情報を提供することで顧客の信頼を獲得し、商品やサービスへの関心を高める手法を指します。

特にWordPressの場合、SEO対策が容易であり、記事の更新が自由に行えるため、ユーザーに役立つ情報を定期的に提供し続けることが可能です。これにより、検索エンジンからの自然な流入を促進し、購買につながる訪問者を増やすことができます。

また、SNS連携のプラグインを利用すれば、SNS上でのシェアも容易になります。これにより、自社のフォロワーだけでなく、そのつながりを通じて新たな顧客を獲得できる可能性も高いです。

プラグインによる機能拡張が容易

WordPressでは、無数のプラグインで機能を追加できます。これにより、ECサイトに必要とされる機能を自由かつ簡単に実装できるでしょう。例えば、商品の一覧表示、カート機能、決済システムなど、すべてプラグインを通じて実現できます。

プラグインはWordPressコミュニティにより日々新たなものが開発され、最新のECサイトで求められる機能も迅速に取り入れられます。一部のプラグインでは、実装した後のカスタマイズも可能で、自社のビジネスモデルに合わせた運営が実現します。

プラグインの選定や設定は専門知識が必要な場合もあるため、適切なプラグイン選びがECサイト運営の成功の重要なポイントです。

操作性が高く参考情報が多い

WordPressを使用する大きな利点の一つが、操作のしやすさと豊富な参考情報です。具体的には、初心者でも直感的に操作できるシンプルなインターフェースが特徴的です。また、世界中で広く利用されているため、困ったときの参考情報が非常に多く存在します。これにより、問題が発生した際もスムーズな対処が可能です。

さらに、豊富な情報源から新たな知識や技術を学ぶこともでき、自身のECサイト運営を進化させるための学習リソースとして活用できます。

WordPressでのECサイト構築・運営のデメリットと対策

ネットショップとしての機能実装の難しさ

WordPressは基本的にブログサイトの作成を主眼に置いたCMSであるため、WordPressでECサイトを運営する際には、特定の機能の実装が難しいことがあります。一般的なCMSのブログとは異なり、ECサイトでは商品管理、在庫管理、注文管理、決済システムといった専門的な機能が必要です。

しかし、基本的なWordPressにはこれらの機能は全て組み込まれていません。そのため、適切なプラグインを探し、導入・設定を行う必要があります。その作業は専門的な知識を必要とし、初心者には難易度が高い場合があります。

また、プラグインは数多く存在しますが、全てが必要な機能を持っているわけではなく、相性の問題も出てきます。それぞれのプラグインを組み合わせて機能を補完することで、ようやく一通りのネットショップとしての機能を実装することができます。

セキュリティ面

WordPressでECサイトを運営する際、大きな課題の一つがセキュリティリスクです。WordPressは世界中で広く使われているオープンソースのツールであり、脆弱性を見つけた利用者が改修を施すことが可能です。しかし、コードが公開されていることを悪用するユーザーも存在し、クローズドなソースコードに比べてサイバー攻撃を受けやすい特徴があります。

特にECサイトの場合、顧客の個人情報やクレジットカード情報など機密性の高い情報が関わるため、セキュリティ管理は必須です。セキュリティ面の対策としては、まずWordPress自体のバージョンを常に最新に保つこと、使用するプラグインも最新のものを使用し、不要なものは削除することです。強固なパスワードの設定や、セキュリティ専門のプラグインの利用も有効です。

しかし、これらの対策も万全を期すには専門的な知識が必要です。そのため、セキュリティ面での知識を持った専門家に依頼するのが最善の選択といえるでしょう。

決済方法が限られる

WordPressでのECサイト運営において、考慮するべき点の一つが決済方法の選択肢です。標準的な機能では、クレジットカード決済やPayPal等のオンライン決済方法が主になりますが、これらだけではユーザーの利便性が制限されてしまいます。

そこで対策として、ウェブサイトにより多くの決済方法を導入するためのプラグインの利用が推奨されます。例えば、「WooCommerce」や「ECWID Ecommerce Shopping Cart」などのプラグインでは、銀行振込やコンビニ払い等の多様な決済方法を提供しています。これらを使用することで、より多くの顧客ニーズに対応し、利便性を向上させることが可能になります。

構築に知識が必要

WordPressでのECサイト構築には、様々な知識が必要です。まずは、WordPress自体の操作に慣れることが重要です。テーマの選び方、プラグインの活用方法、基本的な設定方法などを習得しましょう。これらの基本操作は多くのウェブサイトや書籍で解説されています。

次に、ECサイト特有の機能を実装するための知識が求められます。商品ページの作り方、カートシステムの導入方法、決済システムの設定など、ECサイト運営に必要な要素を理解し、それらを実装できる能力が不可欠です。

また、セキュリティ対策も重要なポイントです。お客様の情報を安全に扱うために、最新のセキュリティ対策を講じることが求められます。

WordPressのECサイト構築ならアトリエwebの森

屋号 アトリエwebの森
代表 小久江由香
住所 〒399-3705 長野県上伊那郡飯島町七久保2742−7
URL https://webnomori.net/
業務内容
  • ホームページの企画・デザイン・ディレクション・取材編集
  • JimdoCafe信州 講師
  • 信州EC実践会事務局(web運営、ネットショップ運営のコンサルティング、勉強会主催)
  • ネットショップの立ち上げ、運営のサポート、コンサルティング
  • 個別講習(SNSの使い方、SEO対策、WordPress、HTML+CSS、写真教室、Photoshop、Illustrator(R)Adobe の講習)
▲ページ先頭へ