古いバージョンのWordPressサイトを、新しいバージョンに上げ、データベースを移転する方法のメモ

   web入門, WordPress入門| 

サーバーの引っ越し。こまごまといろいろやらなければ行けないことがあって、よく手順を間違えたりしてロスをするので、 備忘録で残しておきます。今回は、WordPress2.3の古いサイトを、新サーバーに移動して、バージョンもWordPress3.2へあげるところ まで。さくらサーバーからhetemlへ移動した時の備忘録です。

WordPressは、ツールを使ってのエクスポートとインポートが簡単にできるのですが、バージョンがあまりにも違うと対応してないので、データベースの引っ越しが必要でした。

(1)ミラーサイトをつくる

  1. hetemlサーバーのコントロールパネルにて、ドメインを追加します。すでに別サーバーで稼働中のドメインを追加しても大丈夫
    今回引っ越しするサイトがwww.★★.comの場合、
  2. 新ドメインを置く場所はweb/★★.com/を指定します。
  3. さくらサーバーから、静的サイトの部分をすべてダウンロードして、上記のフォルダにすべてアップロード
  4. コントロールパネルから、hetemlFTPに入って、問い合わせフォームなどcgiを使っている部分について、パーミッションの変更をする。実行cgiは700です。
    hetemlの権限設定一覧
    ※Dreamweaverでの権限変更はききませんでした

(2)新サーバーにてメールを作り、PCにてメールの設定をする

  1. ドメインの詳細に入って、メール機能を利用するをクリック
  2. メールアドレス設定にて、新規作成
    アカウントとパスワードを指定します
  3. PCにてメールを設定します
    メールソフトごとの設定方法
    メールは、現在の設定を削除しないで、新サーバを追加します。

(3)新サーバーにてデータベースを作成

  1. コントロールパネルからデータベースを作成します。
  2. DBユーザー名、データベース名  _XXXXXXXX 一緒
    サーバー名  mysql(数字).heteml.jp
    控えておきます

(4)WordPressをサーバーへアップする

  1. WordPress日本語へ行って、最新版をぱパソコンダウンロード
  2. hetemlFTPへログインして、zipファイルのまま、www/★★.comフォルダの下にアップロードします
  3. FTPの中で解凍するとwordpressというフォルダができるので、フォルダ名をblogとかwpとかnewsとかわかりやすいサブディレクトリの名前に変えておきます
    (ドメイン直下にすべてWPのファイルを置きたい場合は、wordpressの下のファイルを全部上の階層へ移動させる)
  4. wp-config-sample.phpというファイルを指定して、編集し、名前をwp-config.phpに変えて保存します。
    秘密鍵サービスはこちら
 

define('DB_NAME', '_xxxxx'); /** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '_xxxxx'); /** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', ' mysql(数字).heteml.jp'); /** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql★.heteml.jp');
認証用ユニークキーは、上記の秘密鍵サービスで生成して、貼り付けします
データベーステーブルの接頭辞 ※これを旧サイトと合わせないといけない
$table_prefix = '★_';

(5)WordPressのインストール

  1. ドメインのネームサーバー書き換えをしてない場合は、下記のアドレスで、ブログをインストールします
    http://◎◎.heteml.jp/★★.com/blog
  2. ブログ名と、アカウントとパスワードをいれたら、作成!
    その後ログインして、まずは普通にWPが動くかどうか投稿テストなどします。
  3. wp-content/uploads/の中にある画像ファイルは、旧サーバーからダウンロードしておいて、新サーバーの同じ場所にアップします。

(6)データベースのエクスポート

さくらサーバーのコントロールパネルから、phpMyAdminへ入り、エクスポートします
形式はsqlで、圧縮なし
ログイン情報(アカウント名)が書き換えられるのを防ぐためには、wp_optionというテーブルはエクスオートしないようにします。

 

phpmyadmin001

phpmyadmin002

phpmyadmin003

(7)データベースのインポート

hetemlのコントロールパネルから、phpMyAdminに入り、先ほどエクスポートしたsqlファイルをインポートします。

phpmyadmin004

phpmyadmin005

(8)ネームサーバーの書き換え

  1. 旧サイトと新サイトを両方表示させてみて、同じ状態にできたら、いよいよネームサーバーの書き換えです。
    ドメインを管理しているところで、ネームサーバーをheteml指定のものに変更します。
  2. ネームサーバーは時差が最大48時間くらいあると言われているので、その間は、ブログを更新しないように気をつけましょう。
    時差の間は、どちらのサーバーからメールがやってくるかわからないので、PCのメール設定は、二つのアカウントから受信するようにします。

(完了)お疲れ様でした

今回は、Wordpressのバージョンが低かったので、通常のインポートとエクスポートができなかったので、phpMyAdminを使い手間がかかりましが、同じバージョン同士のWordpressでしたら、ツールのインポートツールを使って、管理画面から、エクスポートとインポートが簡単にできます。(6)と(7)を飛ばしてください。

 

 

   web入門, WordPress入門| 

  関連記事

Facebookで、自分の過去の投稿を探したい場合

え~、、っと、あの記事はたしかFacebookで投稿したはず。 あの時の写真を使いたい、あの時にリン ≫続きを読む

ブログを作る場合はサブドメインより、独自ドメインの下にが◎

わたしは信州EC実践会というネットマーケティングの勉強会の事務局をしていますが、 ネットショップ運営 ≫続きを読む

【Q】ホームページをCMSにするとSEO対策に不利と聞きましたが・・・・。普通のHTMLで作って置いた方がいいんでしょうか?

「アドレスがhtmlじゃなくなると検索に不利なのでは・・?」「CMSで作った動的ページはSEOで不利 ≫続きを読む

阿智村商工会主催 ホームページ勉強会と相談会

「WEBサイトを作ったけど、自己流なのでどうしたら良いかわからない。 効果を上げられるホームページっ ≫続きを読む

WordPressのページ更新をするときに便利なツールあれこれ

まず、GoogleChromeはPCに入れておいてください   HTMLを編集するのにとて ≫続きを読む

シドニー with ホームステイ 体験記

ただいまシドニー郊外にホームステイしながら仕事をしています。 忘れないうちにシドニー・ホームステイの ≫続きを読む

【ホームページの作り方】地域密着型のお店のホームページ作成

どの町にもある小さなお店、地域のお店…ふとん屋さん、本屋さん、ケーキ屋さん、中古車販売店。 ネットで ≫続きを読む

件名:Document2 というメールは開かないで削除 メールの受信がストップする場合もあるようです

「件名:Document2」というメールが送られてきた場合、メールを開かずに削除してください。このメ ≫続きを読む

ネットショップのクレーム対応

先日ネットショップのクレーム対応について、とある座談会で教えていただいたので自分へのメモとして書いて ≫続きを読む

【Q】Dreamweaverでホームページを作っています。サイトを一部修正してサーバーにアップしているのに反映されません!

Dreamweaverでホームページを修正してサーバーにアップしてるのに、ブラウザで見ると変化がない ≫続きを読む

▲ページ先頭へ