古いバージョンのWordPressサイトを、新しいバージョンに上げ、データベースを移転する方法のメモ

   web入門, WordPress入門| 

サーバーの引っ越し。こまごまといろいろやらなければ行けないことがあって、よく手順を間違えたりしてロスをするので、 備忘録で残しておきます。今回は、WordPress2.3の古いサイトを、新サーバーに移動して、バージョンもWordPress3.2へあげるところ まで。さくらサーバーからhetemlへ移動した時の備忘録です。

WordPressは、ツールを使ってのエクスポートとインポートが簡単にできるのですが、バージョンがあまりにも違うと対応してないので、データベースの引っ越しが必要でした。

(1)ミラーサイトをつくる

  1. hetemlサーバーのコントロールパネルにて、ドメインを追加します。すでに別サーバーで稼働中のドメインを追加しても大丈夫
    今回引っ越しするサイトがwww.★★.comの場合、
  2. 新ドメインを置く場所はweb/★★.com/を指定します。
  3. さくらサーバーから、静的サイトの部分をすべてダウンロードして、上記のフォルダにすべてアップロード
  4. コントロールパネルから、hetemlFTPに入って、問い合わせフォームなどcgiを使っている部分について、パーミッションの変更をする。実行cgiは700です。
    hetemlの権限設定一覧
    ※Dreamweaverでの権限変更はききませんでした

(2)新サーバーにてメールを作り、PCにてメールの設定をする

  1. ドメインの詳細に入って、メール機能を利用するをクリック
  2. メールアドレス設定にて、新規作成
    アカウントとパスワードを指定します
  3. PCにてメールを設定します
    メールソフトごとの設定方法
    メールは、現在の設定を削除しないで、新サーバを追加します。

(3)新サーバーにてデータベースを作成

  1. コントロールパネルからデータベースを作成します。
  2. DBユーザー名、データベース名  _XXXXXXXX 一緒
    サーバー名  mysql(数字).heteml.jp
    控えておきます

(4)WordPressをサーバーへアップする

  1. WordPress日本語へ行って、最新版をぱパソコンダウンロード
  2. hetemlFTPへログインして、zipファイルのまま、www/★★.comフォルダの下にアップロードします
  3. FTPの中で解凍するとwordpressというフォルダができるので、フォルダ名をblogとかwpとかnewsとかわかりやすいサブディレクトリの名前に変えておきます
    (ドメイン直下にすべてWPのファイルを置きたい場合は、wordpressの下のファイルを全部上の階層へ移動させる)
  4. wp-config-sample.phpというファイルを指定して、編集し、名前をwp-config.phpに変えて保存します。
    秘密鍵サービスはこちら
 

define('DB_NAME', '_xxxxx'); /** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '_xxxxx'); /** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', ' mysql(数字).heteml.jp'); /** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql★.heteml.jp');
認証用ユニークキーは、上記の秘密鍵サービスで生成して、貼り付けします
データベーステーブルの接頭辞 ※これを旧サイトと合わせないといけない
$table_prefix = '★_';

(5)WordPressのインストール

  1. ドメインのネームサーバー書き換えをしてない場合は、下記のアドレスで、ブログをインストールします
    http://◎◎.heteml.jp/★★.com/blog
  2. ブログ名と、アカウントとパスワードをいれたら、作成!
    その後ログインして、まずは普通にWPが動くかどうか投稿テストなどします。
  3. wp-content/uploads/の中にある画像ファイルは、旧サーバーからダウンロードしておいて、新サーバーの同じ場所にアップします。

(6)データベースのエクスポート

さくらサーバーのコントロールパネルから、phpMyAdminへ入り、エクスポートします
形式はsqlで、圧縮なし
ログイン情報(アカウント名)が書き換えられるのを防ぐためには、wp_optionというテーブルはエクスオートしないようにします。

 

phpmyadmin001

phpmyadmin002

phpmyadmin003

(7)データベースのインポート

hetemlのコントロールパネルから、phpMyAdminに入り、先ほどエクスポートしたsqlファイルをインポートします。

phpmyadmin004

phpmyadmin005

(8)ネームサーバーの書き換え

  1. 旧サイトと新サイトを両方表示させてみて、同じ状態にできたら、いよいよネームサーバーの書き換えです。
    ドメインを管理しているところで、ネームサーバーをheteml指定のものに変更します。
  2. ネームサーバーは時差が最大48時間くらいあると言われているので、その間は、ブログを更新しないように気をつけましょう。
    時差の間は、どちらのサーバーからメールがやってくるかわからないので、PCのメール設定は、二つのアカウントから受信するようにします。

(完了)お疲れ様でした

今回は、Wordpressのバージョンが低かったので、通常のインポートとエクスポートができなかったので、phpMyAdminを使い手間がかかりましが、同じバージョン同士のWordpressでしたら、ツールのインポートツールを使って、管理画面から、エクスポートとインポートが簡単にできます。(6)と(7)を飛ばしてください。

 

 

   web入門, WordPress入門| 

  関連記事

スマホでfacebookしてるときにいきなり音がならないように

スマホでFBをチェックしてると、動画が表示されたとたんに音が鳴りはじめて焦ったことありませんか? 音 ≫続きを読む

ヤマト宅急便「配達時間帯」の指定枠変更のマーク

【重要なお知らせ】宅急便「配達時間帯」の指定枠変更についてというメールが、ヤマトさんを利用しているネ ≫続きを読む

【Q】ホームページのバックアップってどうすればいいですか?

バックアップについてお話する前に、ホームページには2種類あることを復習しますね。 1つは静的に作られ ≫続きを読む

WordPressにPDFやWord、Excelを添付する方法

当たり前のことかもしれませんが、質問がありましたのでこちらで紹介します。 WordPressのメディ ≫続きを読む

(WEB制作入門2)HTMLの目的

HTMLは、世界共通のコンピューター言語で、タグというコードでできています。タグは、「こんな意味で使 ≫続きを読む

件名:Document2 というメールは開かないで削除 メールの受信がストップする場合もあるようです

「件名:Document2」というメールが送られてきた場合、メールを開かずに削除してください。このメ ≫続きを読む

売れるECサイトを制作、運営するためのノウハウまとめに取り上げていただきました

webの森の記事が、「売れるECサイトを制作、運営するためのノウハウまとめ」に取り上げていただきまし ≫続きを読む

【Q】ホームページをCMSにするとSEO対策に不利と聞きましたが・・・・。普通のHTMLで作って置いた方がいいんでしょうか?

「アドレスがhtmlじゃなくなると検索に不利なのでは・・?」「CMSで作った動的ページはSEOで不利 ≫続きを読む

覚えてもらえるお店になること・・・

webの森は信州EC実践会という、ウェブマーケティングの勉強会を主催していまして、たくさんのネット店 ≫続きを読む

Facebookで、自分の過去の投稿を探したい場合

え~、、っと、あの記事はたしかFacebookで投稿したはず。 あの時の写真を使いたい、あの時にリン ≫続きを読む

▲ページ先頭へ